タイトル

■妄想列車■

 鉄道業は基本的にはお堅い職種です。制服制帽に白手袋、着帽時の挨拶は挙手の礼いわゆる敬礼。その容姿は警察や軍隊に通じるものがあります。人々の生命財産を安全に輸送しなければならないのですから、堅実であって当然なのですが、仕事中ずっと堅苦しいのかと言えば決してそうではありません。旅客から見えない休憩所では、職場仲間同士楽しく談笑しています。仕事中に失われた笑いやユーモアを埋め合わせるように、よく笑い、様々な冗談が飛び出します。
 緩急つけるって大切なんですよね、機械じゃないんだから。休憩中には充分にリラックスし、ゲラゲラ笑い、ひとたび列車担当時間が来たならば、気を引き締めて職務に臨む、それが大切なんですね。よく言われる言葉なのですが、休息も仕事です。職務を良好なコンディションで遂行するのに、充分な休息と気分転換は必要不可欠です。
 今の経営者は、我々が人間であること、人間であるがゆえに守れる安全があることを理解できないので、休憩時間や設備はおろそかにされがちですし、休憩中でも監督職に乗務員を指導をさせたがります。その指導内容には、古い乗務員とあまり口を利くなといったものまで含まれるのですから呆れたものです。
 ま、それでもですね、乗務員はけっこうしたたかにできているので、監督職の諌言を無視して冗談という名の健全なコミュニケーションとリフレッシュを欠かすことはないんですけどね。

 JRの関係者によって著された、鉄道の安全についての調査研究書に、こうありました。すなわち、笑いの少ない職場ではミスが増える傾向にある、冗談を言い合って笑顔で現場に出て行くことはミスを防ぐ有効な手段である。監督者が現場のコミュニケーションを疎外するような職場、いわゆる風通しの悪い職場というのもミスを増長する大きな原因である。
 経営者どもが読んだたら気分を害することでしょうね。彼らは、職場のコミュニケーションを寸断し、労働者の団結力を疎外することに余念がないのですから。

 それでも職場から笑いと冗談は絶えませんし、最近のオタク人口の増加により、冗談にもますます磨きがかかりつつあります。
 会社は、契約社員やアルバイトの増強に当たり、多くの鉄道マニアを起用しました。好きなことができるんだから、低賃金でも文句は言わないだろうというわけです。ところが、この鉄道マニアは、鉄道オタクの異名を持つニュータイプだったんですね、これが。
 彼らは、よく妄想しますし、こちらが妄想話しをするとよく食いついて来ます。妄想の多くは、素晴らしいアイディアであり、これを新サービスとして導入すれば、旅客の誘致につながるんじゃないかと思うようなものもあります。会社は現場の意見やアイディアなどクソ食らえなのでしょうがね。
 乗務職場で、長く生きてきた筆者が、最近の若い妄想家たちに一言いわせてもらうならば、まだ全然足りない、なおいっそう気合い入れて妄想すべし!…です。


●本著の読み方
最初に目次(↓)を表示させ、各項目を
クリックして記事をお読みください。
記事は基本的に上から順番に読みます。

サイト内検索

姉妹サイト:ももにゃん

姉妹サイト:ももちゅう


recent comment

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM