タイトル

■鉄道業の質の低下と企業の腐敗■

 最近の鉄道は、なんだか不便な乗り物になって来ましたね。科学技術が進んで列車は静かで高速になり、鉄道各社を通して利用できるプリペイカードやICカードが登場し、便利で快適な乗り物になったはずなのに、その一方で、ダイヤが煩雑で訳がわからなくなり、マナー向上と称して変なルールがいっぱいできたり、駅が無人化されてモノを尋ねることもできなくなったり。
 経費と人件費削減と称して、駅は無人化され、売店はなくなり、旅客が改札を通ってから初めて出会う係員と言えば、列車の先頭と最後尾にいる乗務員だけというありさまです。しかしながら、その一方で、助役や管区長といった職制は増強されました。職制の多くは名ばかり管理職で、現場係員を監督しながら乗務員をしたり、駅員をしたり、便利屋としてこき使われています。宿直勤務後のサービス残業にヘロヘロです。ヘロヘロで電車を運転して、しばしば失敗をやらかしています。
 我々の出世の道を閉ざさないために、職制のポジションをたくさん設けてくださったのだそうです。ありがたいことですね。でも、頻繁に行なわれる人事制度の改定によって昇級の凍結や事実上の降格、手当ての削減、ボーナスカットばかり続いているんですけど。
 鉄道に限ったことではないのでしょうが、長く生きてきた多くの大手企業で、様々なひずみや腐敗が進んでいます。これはある意味必然的なもので、世の中の変化と共に企業の体質やバランスのあらゆるものが、狂ってきます。弊害は着実に蓄積されてゆき、ついつい臭い物にはフタをしてしまいがちになり、気づけば収拾が難しい状況になってしまうのです。
 それを是正するために改訂や改革が必要であり、あるいは株式システムや労働運動という浄化作用がなくてはならないのですが、昨今の株式事情はご承知の通り企業に対する営利的圧力でしかなくなり、労働運動もすっかり冷えきってしまっています。これでは良質な商品の生産が上手くゆくはずがない、そうは思いませんか?
 鉄道会社はまた、鉄道業では大きく儲けられない、そう考えています。鉄道業は適当にしてもっと多角的な事業展開によって業績を上げてゆかねばならないと。数字の面だけ見れば、鉄道部門の業績というのはむかしほど目ざましい上昇グラフを描くことはなくなっています。しかし鉄道業をおろそかにして、他の部門、不動産やデパート等の活性化はあり得ません。鉄道を背骨とした他部門の事業展開、これを忘れてはならないのです。会社の思惑はどうであれ、鉄道会社は鉄道という業種によって世間の認知度と信頼性を上げています。その顧客の感情をおろそかにし、投資家への配慮ばかりを優先した結果が、わけのわからない商品展開つまり鉄道業の質の悪化となっているわけです。
 鉄道業は、公共交通機関です。地域社会の福祉の増強を本分としている性質上、派手な商品展開や宣伝活動による顧客の誘致に汗を流さなくても、旅客は来てくれます。そのことをもっと尊重し、地道に顧客のニーズに応えようとする姿勢が必要なのではないでしょうか? そして株主ばかりではなくて、旅客の声にもっと耳を傾けることによって、鉄道の新たな可能性も見えてくるはずです。経営者や株主よりも旅客と現場係員の方が、鉄道の可能性について知っていることに、彼らは気づくべきなのです。


●本著の読み方
最初に目次(↓)を表示させ、各項目を
クリックして記事をお読みください。
記事は基本的に上から順番に読みます。

サイト内検索

姉妹サイト:ももにゃん

姉妹サイト:ももちゅう


recent comment

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM