タイトル

鉄道信号

 道路に設置してある交通信号は、赤黄緑の3色の電灯で表現されますが、鉄道で用いられる主な信号もこれと同じです。じつは他にも様々な信号があって、さらには常時同じ運転条件を表示するための標識ってのもあるのですが、ここでは、主信号機のしくみについてお話しします。
 道路の信号は、緑→黄→赤のローテーションで表示が変わりますが、鉄道信号はまったく逆です。赤→黄→緑と変わって行きます。お時間があれば線路沿いの鉄道信号を見つけて、じっと観察してみてください。ただし、鉄道信号には目玉が4つとか5つとかいうのもふつうにあって、黄と緑が同時に点いたり、黄色2つが点いたりなんてパターンもあっていささか複雑でご注意を。
 鉄道では線路をたくさんのトラック(区間)に分割し、各トラックに1つずつ信号を付けています。1つの信号は1つのトラックの走行条件を表示します。そして信号の表示する走行条件というのは速度です。緑なら無制限、黄色なら時速45キロ以下、赤は止まれ、という具合です。信号が指示する条件速度は、鉄道会社によってじゃっかん違いがあります。
 緑はフリーですが、区間最高速度とか、標識による条件速度とかがあらかじめ設定されているので、無制限にどんどんスピードを上げていいというわけでもありません。
 信号機は各トラックの始点に立っていて、そのトラックに進入しようとする列車に対して、走行速度条件を表示します。信号が赤なら、そのトラックには先行の列車がいるということで、運転士は信号の手前で列車を止めなければなりません。信号が黄色なら、ひとつ向こうの信号が赤つまり、ひとつ向こうのトラックに先行の列車がいるということで、運転士は、黄色が示す条件速度以下にスピードを落として、そのトラックに進入します。電車は黄色でも進むのです。赤以外は進みます。
 先行列車がどんどん先のトラックに進んで行くと、信号はやがて緑に変わりますから、先に述べたように、鉄道信号は、赤→黄→緑と変わって行くわけですね。
 鉄道線路のトラックには、転轍機(ポイント)が存在する場合があります。そこで進路が複数に分岐したり合流したりするわけです。その時には信号は、先行列車の有無だけではなく、分岐や合流の状態も表示しなければなりません。ですから、信号機が分岐や合流の数だけ並んでいたり、数字や標識ランプで進路を表示したりします。運転士は、自分の列車に対する信号機を見極め、自分が進むべき進路が表示されているかを見極めて、列車をそのトラックに進めなければなりません。ひじょうに注意を要する関門です。そしてこの関門をつかさどる信号を絶対信号と言います。
 列車が駅に進入する時、番線がいくつかに分岐しているような場合には、駅の場内のトラックの状況を表示する信号機は、絶対信号ですね。また、複数の番線がある駅から、1本の線路へ向けて列車が発車する時に、合流のための転轍機を持ったトラックを管轄している信号も、絶対信号です。駅の場内のトラックを管轄する信号を場内信号と言います。また駅から出たところの合流ポイントのあるトラックを出発トラックといい、そのトラックを管轄する信号を出発信号と言います。一般的に場内トラックでは列車は複数に分岐し、出発トラックでは合流しますが、場内で合流、出発で分岐というパターンも少なくありません。
 子供たちが、電車ごっこをして遊ぶ時に「出発進行!」なんて言いますよね。あれは実は専門用語として実在します。出発信号機の表示が緑のことを「出発進行」と言うのです。だから出発信号が黄色だったら「出発注意」と言って列車を発車させます。

 もちっと専門的な話しをしますよ。鉄道線路はたくさんのトラックに分けられていますが、そのトラックのことを専門用語で閉塞(へいそく)区間といいます。そして鉄道では1閉塞1列車という決まりがあります。信号はこの決まりを守るために条件に応じた表示をします。信号は1つの閉塞区間を防護しているわけで、閉塞区間のことを、防護区間と言ったりもします。
 自分の受け持つ防護区間に列車がある場合、信号は赤を表示しますが、その列車が事故や故障で動けなくなってしまった場合には、後続の列車は赤信号を無視して、その区間に進入することがあります。1閉塞1列車の決まりを無視した運転のことを、無閉塞運転と言います。列車の運転の円滑を図るために、あるいは事故車を救援するために、後続の列車が無閉塞運転する場合には、細心の注意が必要ですし、最徐行および運転指令への報告といった条件を守らねばなりません。
 しかしながら、先に述べた絶対信号の場合は、絶対に無閉塞運転を行なってはいけません。線路が分岐するなどして閉塞状況が複雑だからです。絶対信号機で無閉塞運転をする場合は、助役や駅長が出動して閉塞区間の安全を確かめ、絶対信号の代用となる信号を表示させます。

 ちなみに、信号機は防護区間の防護を通常は自動的に行なっているので、この交通整理の状況を、自動閉塞式と言ったりします。また、信号機はATSと連動しており、列車が条件速度を守らない場合に自動的にブレーキを作動させて、区間の防護をより確実にしています。
 信号機は踏切とも連動している場合が多く、自動車の立ち往生といった踏切障害をセンサーが検知すると、そのトラックの信号は赤になります。目の前の信号が突然赤になってしまうと、運転士のブレーキ操作が間に合わず、先にATSによる非常ブレーキが動作するので、列車は急ブレーキがかかることになり、乗っている旅客が危険にさらされます。踏切の無謀な横断のせいで、列車の中の旅客が将棋倒しになって負傷するなんてこともあるわけです。無謀横断は絶対にやめましょうね。
 踏切からの距離によっては、なにも非常ブレーキが動作しなくても、ゆるやかなブレーキでも間に合うのに、という場合があります。ATSがもっとインテリジェンスな装置で、場合に応じてブレーキ力を調節してくれればよいのですが、そのようなきめ細かな芸当ができるATSは今のところ存在しません。

 主信号機のお話しは、これくらいでしょうか。その他の信号についてちょっとだけお話しすると、種々のアクシデントが生じたりした場合に、現場にいる係員が主導で、停止や徐行を知らせるための手旗信号(夜間は灯火信号)だとか、踏み切りで異常が発生した場合の、発炎信号や発光信号などがあります。工事区間等で徐行を指示する臨時信号という一見標識みたいなものもあります。
 手旗信号等の信号器具を持っていない時に、駅員が進路の異常を見つけたりした場合にはどうすると思います? 手や帽子を激しく振るのです。そしてこれも運転取扱規定に定められた停止信号なのです。
 ホームから線路に人が転落するといった事故に、読者が遭遇した場合には、この停止信号を試みてみましょう。列車を止めることができるかもです。ただし、いたずらでやってはいけませんよ。運転阻害事故として警察沙汰になってしまいます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

●本著の読み方
最初に目次(↓)を表示させ、各項目を
クリックして記事をお読みください。
記事は基本的に上から順番に読みます。

サイト内検索

姉妹サイト:ももにゃん

姉妹サイト:ももちゅう


recent comment

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM