タイトル

携帯電話の規制による旅客の苦痛

 電車の中での旅客による携帯電話の使用を、ほとんどの鉄道会社が制限しています。どうしてなのでしょう? この規制は多くの矛盾を抱えており、まったくもって無意味です。携帯電話というものが、希少なアイテムであった頃ならともかく、今では持っていない人の方が少数派でしょう。携帯電話を常用している人が、他の人の使用を不快に思うのでしょうか。また、携帯電話が仕事の必需品という人も少なくないわけで、その人たちにとっては、電車で移動中の使用の制限は仕事への妨害にほかなりません。
 電車の中での携帯電話使用の制限で最も多い例は、通話の禁止と優先座席付近での電源オフでしょう。通話の禁止は、それが周囲の人に不快感を与えるからです。優先座席付近での電源オフは、携帯電話が発する微弱電波が、心臓ペースメーカーを使用している人の機器への悪影響を防ぐためということです。
 この2つの制限の起源は、いずれも携帯電話の普及率が極めて低い頃のもので、混雑した車内で、目と鼻の先で通話されるのを苦痛に感じる旅客からの苦情が多かったためと、医療機関が医療機器への悪影響を指摘したからです。そして携帯電話の普及率が格段に向上した現在、これらの規制はむしろ旅客に対する理不尽なルールにしか過ぎず、規制を訴える車掌のアナウンスの方がむしろ苦痛になってきています。
 携帯電話での大っぴらな通話が、周囲の旅客に不快感を与えるという事実については、今ではほとんどの旅客が理解しています。それでも仕事や急用などで通話の必要性を感じた人は少なくないでしょう。手で、携帯と耳を覆い、小声で通話をしている旅客をたまに見かけますが、筆者にはたいへんマナーの良い旅客だと感じられ好感がもてます。もしこの行為が、周りに不快感を与えるのだとしたら、それはルールがあるからです。通話が禁止されている車内で通話しているということが周りにとって不快なのです。このルールが、通話は周囲へ配慮して小声で手短にお願いします、というものだったらどうでしょう。周囲の感情は変わってくると思います。
 携帯電話の通話は、今では街中で普通に見かける光景であり、決して奇異な行為には見えません。車内でそれを不快に感じてしまうのは、ルール違反であるからです。ルール自体が不快感をあおっているわけです。携帯での通話よりも、団体旅客が騒いでいたり、酔っぱらいのオヤジがうなっていたりする方が百倍苦痛じゃありませんか? むしろそちらの方を規制するべきです。携帯電話の通話は前面解放しますと宣言しろとは言いませんが、周囲への配慮をして通話しろくらいに変更すべきじゃないでしょうか。
 そして優先座席付近での電源オフ。これを守っている人は果たしているのでしょうか。優先座席付近でメール等の使用を自粛している人は多いでしょうが、本当に電源を切っていますか? ルールは使用の禁止ではありません、電源そのものを切れと言っているのです。電源のオンオフについては、携帯電話をマナーモードにして隠し持っていれば誰にも気づかれません。みなさんそうしているだけでしょう? それなのに医療機器の不具合を訴える人は見たことがありません。それに、心臓ペースメーカー等は車内の座席に座っている時だけ動作させればよいというものではなく、24時間働いています。医療機器を使用している旅客がホームを歩いている時、並んで電車を待っている時も機器は動作しているのです。周囲では携帯電話による通話やメール操作が盛んに行なわれています。これで大丈夫なのですか? 医療機器を使用している方への配慮は無用と言っているのではありません。でも、配慮が必要なら街中での携帯電話の使用をすべて禁止し電源を切るように規制しなければ、電車の中のルールだけではまったく意味がありません。それ以前に、すさまじい電磁波を発している電車のモーターを止めるべきです。

 一部の鉄道会社では、携帯電話電源オフ車両なるものを設けていますが、その会社だけがそのようなルールをして何の意味があるのでしょう? 自社は立派だという自己PRですか? それで優秀と評価されると本気で思っているのでしょうか。甘ったれるのもいい加減にしてほしいですね。電源オフ車両では、乗り合わせた人が全員電源を切らなければなりません。誰も切ってなんかいません。たまたまルールを知らずに乗車した人が、メール等をしていると、車掌が注意します。その人は大変にマナーの良い人で、通話はダメだからメールで用事を済ませようとしていたのですが、たまたまルールを知らなかったせいで車掌に叱られるという屈辱を受けることになります。もっとひどい例では、横柄な他の旅客が「携帯使うな!」などと罵声を浴びせてきます。ルール違反を目撃すると腹が立つのは解ります。しかしいきなり罵声を浴びせることの方がマナー違反です。正しいからといって偉そうに言うことはありません。それで済めば良いですが、口論になって、最悪傷害事件に発展することすら少なくありません。
 電源オフ車両などというルールを設けている鉄道会社の助役にいろいろ尋ねたことがあります。このルールのおかげで、車内での口論や傷害事件、所持品の損壊事件が後を絶たないそうです。旅客からルールの廃止を訴える声も毎日のようにあるそうです。そこまで旅客を苦しめて規制を続ける理由はと尋ねると、会社の説明では、優先座席付近と規制といったいい加減なルールよりも、専用車両を設けるというきちんとしたルールの方が望ましいからだそうです。ルールの徹底を図りたいならその車両への持ち物検査をしなくてはなりません。駅のホームにも医療機器使用者専用の通路を設けるべきでしょう。また、専用車両を設定した場合、医療機器使用者はその車両まで向かわなくてはならず、その移動中は誰も守ってはくれません。せめて各車両に優先座席があってそこが電源オフになってくれていれば、移動距離は小さくて済みます。つまり電源オフ車両などというルールほどいい加減なものはないということです。
 大阪地下鉄などでは、線区によってルールが変わります。旅客がマナーを守ろうと思うなら、あなたが善良な旅客でありたいなら、念入りな学習が必要です。きちんと勉強してからでないと満足に電車にも乗れないのです。改札も出ていないのに、同じ電鉄内で乗り換えただけなのにルールが変わってしまうのです。あなたはそれらをちゃんと勉強して覚えていますか? このような無茶苦茶な煩雑ルールの理由を筆者は知っています。地下鉄だけが悪いわけじゃありません。しかしそれをここでイチイチ説明しません。旅客にとってはそんな理由知ったこっちゃないのです。ただ、目の前にデタラメなルールが存在するというだけです。

 自動車は有害な排気ガスを大量に吐き出します。しかしその普及率と利便性、経済効果を考えると、自動車の廃止はできません。携帯電話も同じです。これだけ普及した現在、その利便性を妨げるバカな規制を続けるのは、鉄道会社の甘ったれた横暴以外のなにものもでもありません。現場の乗務員や助役、そして何よりも大勢の旅客がルールに苦しんでいます。しかしその声に耳を傾けられるほど、今の経営者たちは有能ではないのです。ボンボンたちにももう少し世間勉強というものをしてもらいたいものです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

●本著の読み方
最初に目次(↓)を表示させ、各項目を
クリックして記事をお読みください。
記事は基本的に上から順番に読みます。

サイト内検索

姉妹サイト:ももにゃん

姉妹サイト:ももちゅう


recent comment

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM