タイトル

■旅客とのふれあい■

 まだ入社して間がない頃は、旅客に対する感謝の気持ちなんてあまりなかったような気がします。仕事に対する気概も小さかった。駅員という立場で現場に配属された筆者は、駅の仕事というものが、外から見ているよりもはるかに大変で、覚えることがたくさんあって、でもその1つ1つがゲームみたいで、なんでこんなことやってるんだろうって。こんな気持ちで仕事に臨む筆者などに賃金を支払う会社も、ご苦労なことだなぁ、そんな感じでした。
 テレビなんかのインタビューで、働く人たちが、客や取引先に喜ばれた時がいちばん幸せです、とか答えているのを見ると、少しバカバカしかったり。
 でも、労働者として歳月を重ねるうちに、会社よりも何よりも旅客への思いが大きくなって行きました。旅客に喜んでもらえると嬉しい、本当にそれを実感できるようになりました。
 都会を走る電車は、通勤通学用のイメージが大きくて、ラッシュアワーが仕事のメインになります。旅客はみんな忙しくしていて、イライラしてるみたいで、けっして楽しそうに旅行してはいません。それでも、乗車区間が長くなくても、旅行は旅行で、鉄道を利用する客は旅客と言います。
 通勤通学用の車内では、人間のいちばん汚い面が出る、なんて言ったベテランの先輩がいました。なるほどそうかも知れない、そう思いました。座席を奪い合い、他人を押しのけて先を急ぎ、みんな恐い顔をしています。駅員にもしばしば暴言をぶつけて来ます。
 客であるという立場にあぐらをかいて、駅員に言いたい放題、そんな人も少なくありません。おれたちは客の酒の肴か? なんていう同僚の言葉も、その通りだと思いました。
 でもね、ある時ふと思ったんですよ。たくさんの旅客のほとんどは良い人たちで、でなきゃ鉄道の営業形態は成り立たないって。鉄道の利用ってほとんどセルフサービスじゃないですか、自動化がどんどん進んだ最近ではとくにですよね。旅客のマナーと良識で運営されてるわけですよ。
 販売機で切符を買って、改札機にそれを通して、自分で電車に乗って自分で降りて、たいていの場合、鉄道員と言葉を交わすこともなく旅行を終える。大勢の人たちがルール違反をしてたら、鉄道は機能しなくなってしまう。
 良くない旅客はほんの一部なんだ、悪行は目立つから、ついつい良くない客ばかり目についてしまうだけなんだって、そんな当たり前のことに気づくのに、何年もかかったりしましたね。周りは誰もそんなこと教えてくれないし、「客はアホばかりや」なんて言ってる人間ばかり出世して監督職とかになって行くし。
 人間社会は、ほとんどが良い人で、その人たちの良識で成り立っているのに、悪人ばかりがマスコミをにぎわせて、悪徳業者や悪徳政治家ばかりが儲かって……。鉄道の現場は、まるで人間社会の縮図です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

●本著の読み方
最初に目次(↓)を表示させ、各項目を
クリックして記事をお読みください。
記事は基本的に上から順番に読みます。

サイト内検索

姉妹サイト:ももにゃん

姉妹サイト:ももちゅう


recent comment

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM